FC2ブログ

スポンサーサイト

--'--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 : - : -

口蹄疫、現地の生の声

2010'05.11
こんにちは。
久々のブログ書き込みになります。
ゆきまんまんです。

突然、お昼からこんな話題を持ち出して申し訳ありませんが、この現状を少しでもいいから色んな人に知っていただきたいと思い、書き込みました。
これを書いた後、またしばらく水面下に潜ることとなりますが、どうか私たちの生活に直結する出来事ですので、人事だと思わずにご覧になって頂きたいと思います。
また、このことについて情報の拡散をお願い致します。

まずはYouTubeから。
桜チャンネルでムッチー牧場の方(http://green.ap.teacup.com/mutuo/)が宮崎の今の現状を語っています。現場の生の声です。



ちなみに、ムッチー牧場のブログでは、現在募金を行っております。
ご協力お願い致します。

『ムッチー牧場だよ~ん』
2010/5/9「郵便局の振り込みについてのお願いです。」



続いて、マイミクの森野ヒロさんより転載です。


みなさん、はじめまして。
友人であるマイミクが該当地区で食肉生産・子牛生産の畜産業をやっています。
幸い当人の舎では発症(疑い)はありませんが、周辺は甚大な被害です。
そこで、このコミュに入ったのですが、当人からの情報はあまりにもダークすぎてどこまで披露していいかわかりませんが、とりあえず無難なもの、そしてみなさんにわかっていただきたいことを貼り付けます。
長い文章で誤字もありますが、緊急を要しますので原文そのままです。
よろしくお願いいたします。


昨日日記に書いた仲間の輪による消毒剤の話も、政府の圧力がかかり、
“各県まず自分所の防疫の徹底をせよ。宮崎は農相みずから出向き全力で対応している”
との電話があったみたいです。

消毒剤が圧倒的に足りません。
消毒剤の事は昨日書きましたが、
人手も圧倒的に足りません。
政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。
九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。
農政局の獣医師はペーパー獣医師で現場しゃまともに牛に触ることも出来ない、追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。
昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。
それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。
県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張ってます。
保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、
それでも必死になって戦ってます。
マイミクさんの旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで頑張ってくれてます。
ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。
今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きません。
今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。
感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。感染拡大が止まりません。

4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは5月内に処分出来るかどうかと言った所です。
全て殺されてしまう。それでも弱れば排出するウイルスが増える。だから、殺されるのがわかってても、毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうとしてます。
でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。
死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を乗せても、腐敗し異臭を放ち始め、
それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、石灰を落とそうとします。
消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。
そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。

また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が疑われる農場の検査も出来ず、
テレビや報道では50件80000頭となっていますが、
俺が把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。
とにかく人手が足りないんです。

もう殺処分が追い付かないんです。首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、拡大は収まりません。
「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか言ってる場合じゃないんです!!
ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使えず、
しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」
とか言ってますが、
その頃には国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。
とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。

資材機材も、人手も、予算も…
もう国に頼るしかないんです。
よろしくお願いします。



この現状を知らない人がまだまだ沢山います。


そして、この上記の事に対して心にもない発言をする方もいます。


本当に許せません。


ご飯を食べられることの大切さ、この身近にある安全は決して当たり前ではなく、多くの人の手によって支えられている事なんです。

人間は一人だけでは生きていけないんですよ・・・・。


【追記】
今日ようやくNHKで報道されましたが、赤松氏がさも全ての対応をしてきたかのような報道の仕方で頭にきました。
実際この人は4/20から出ている問題について今日の今日まで後回しにしてきたのにこの報道はいかがなものか。



■【口蹄疫】平成22年4月22日衆議院農林水産委員会 自民党 江藤拓議員



■口蹄疫の対策に大失敗した民主党の危機管理の無さとマスコミの情報統制



■【口蹄疫】宮崎への寄付について【問題】



■民主党と連立の方々に投票した皆様へ
(※タイトルは挑発的ですが、内容はいたってまともです。)



■総統閣下は政府の口蹄疫対策に大変お怒りのようです
(※ネタ動画ですが、内容はいたってまともです。上記の動画は何となく見るのが気が引けるという方はこちら)
スポンサーサイト

雑談 : トラックバック(0) : コメント(0)

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

« Back  |TOPNext »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。